• 採用メッセージ
  • 日本旅行について
  • 事業について
  • 仕事・人について
  • プロジェクト
  • 採用について
  • ENTRY
    MYPAGE

ABOUT 「総合会社」という強み ABOUT 「総合会社」という強み

日本で最初の旅行会社である「日本旅行」。
常に時代のニーズを捉え、業界でも数少ない「総合旅行会社」としての強みを活かし、
次代に向けた新たな価値やサービスの創造に取り組んでいます。

日本で最初の旅行会社である「日本旅行」。
常に時代のニーズを捉え、業界でも数少ない「総合旅行会社」としての強みを活かし、次代に向けた新たな価値やサービスの創造に取り組んでいます。

伊勢神宮参拝への
貸し切り列車から始まった、
日本で最初の旅行会社

日本旅行は創業以来、その時代に合わせた新しい旅のスタイルを生み出し続けてきました。1905年(明治38年)に、日本旅行の創業者である南 新助が高野山参詣ならびに伊勢神宮参拝を列車による団体旅行で実施したのが、旅行あっせん業の始まりです。

列車の中では旅の見所をガリ版刷りで配り、暑い時期にはスイカやカチ割り氷、寒い時期には粕汁を提供するなど、当時からお客様に楽しんでいただくことを一番に考え、さまざまな工夫を凝らしたサービスを行ってきました。

1908年(明治41年)には、日本初の国鉄貸し切り臨時列車による善光寺参拝団を企画し、900人が参加。その後も、5万人規模の比叡山延暦寺の参拝や神戸から貸し切り臨時列車で行く13日間の北海道視察団の催行など、日本初の大型主催旅行が評判になりました。

昭和、平成の時代に入ってからも、日本旅行は下記のように、多彩な「初」となる旅行企画を立ち上げ、実現。その歩みは、まさに近代?現在までの日本の旅行史そのものです。

熊本市善光寺参詣団 熊本市善光寺参詣団 熊本市善光寺参詣団

昭和・平成の時代に入ってからも、日本旅行は多彩な「初」となる旅行企画を立ち上げ、実現してきました。その歩みは、まさに近代から現在までの日本の旅行史そのものです。

業界のパイオニアとしての取組事例

  • 第1回鮮満視察団による最初の海外旅行を実施(1927年)
  • 約300人で中華民国を視察。あめりか丸をチャーターし、船上でスキヤキパーティーを実施(1931年)
  • 日本初のスポーツ観戦ツアーを開催(1995年)
  • 映画会社とタイアップした『ゴジラロケツアー』に1200人参加!(1993年)
  • JR西日本Tis本部と事業統合(2001年)
  • 昭和6年に催行された、あめりか丸チャーターによる「中華民国視察団」と船中におけるスキヤキ会 昭和6年に催行された、あめりか丸チャーターによる「中華民国視察団」と船中におけるスキヤキ会 昭和6年に催行された、あめりか丸チャーターによる「中華民国視察団」と船中におけるスキヤキ会
  • 「五大陸・専用機 世界一周の旅」参加者とチャーター機(カナダ3000社) 「五大陸・専用機 世界一周の旅」参加者とチャーター機(カナダ3000社) 「五大陸・専用機 世界一周の旅」参加者とチャーター機(カナダ3000社)
  • 「日本一周バスの旅」参加者と、製造費1億円の日本一周号 「日本一周バスの旅」参加者と、製造費1億円の日本一周号 「日本一周バスの旅」参加者と、製造費1億円の日本一周号

すべてを自社で手掛ける
「総合旅行会社」の地位を確立

今では日本旅行は、販売額4,119億円(2016年)を手がける、業界トップクラスの大手旅行会社に成長しました。日本の旅行会社は、業界全体の94%を従業員20名以下の中小企業が占めており、のこりの6%が大手・準大手企業という稀有な業界構造になっています。

大手旅行会社の多くは、事業部別に分社化したりするケースも増える中で、私たちは業界でも数少ない、すべてを自社で手掛ける総合旅行会社として、その地位を確立してきました。

人数やエリア、販路にこだわらず、さまざまな旅行のニーズにお応えできるからこそ、インバウンドや教育旅行、MICE、BTMなどの需要の拡大が見込める分野にフォーカスすることもできます。

すべて自社で手がける「総合旅行会社」の地位を確立 すべて自社で手がける「総合旅行会社」の地位を確立

また、社員にとっては、総合旅行会社であることが、オールラウンドな活躍の場にもつながります。当社では担当者が仕入れだけ、企画だけ、販売だけ、といった業務領域を区分していません。誰もが企画提案から販売まで、一貫してプランニングやプロデュースを行えます。会社として総合力があるからこそ、社員一人ひとりが持ち味を発揮して、さまざまな最高の瞬間を生み出せます。

すべて自社で手がける「総合旅行会社」の地位を確立 すべて自社で手がける「総合旅行会社」の地位を確立

経験と総合力を活かして、
新たなビジネスを創造

2015年に創業110周年を迎えました。旅行業界として転換期となったのは、ここ十数年の間でのインターネットの普及です。これにより、ビジネスモデルが大きく変わりました。

以前は、鉄道・航空などの交通機関のチケットや、宿泊施設をパッケージにした旅行商品を店頭で販売するのが主流でした。それがインターネットの時代に入り、お客様自身がWebサイトを通じて調べて、予約・購入するスタイルが一般的になりました。それにより店舗だけでなくネットからの販路も増え、サービスも多岐にわたるようになったのです。

こうした変化に対応するため、私たちは、将来性のあるBTM、MICE、インバウンド、教育旅行の四つの領域を中核事業として注力しています。日本で最初の旅行会社として培ってきた実績や経験、そして総合力の強みを活かして、これらのビジネスを核に、さらなる飛躍をめざします。

  • BTM

    ビジネス・トラベル・マネジメント。企業の出張などビジネス旅行の手配からから精算までを一元化するITシステムの販売ビジネス

    詳しくはこちら
  • MICE

    ミーティング、インセンティブ、コンファレンス(会議)、エデュケーション(研修)など、企業関連のイベントを扱うビジネス

    詳しくはこちら
  • インバウンド

    外国人による日本国内旅行に関するビジネス

    詳しくはこちら
  • 教育旅行

    修学旅行、合宿など学校を起点として発生する旅行ビジネス

    詳しくはこちら

ABOUT CONTENTS