• 採用メッセージ
  • 日本旅行について
  • 事業について
  • 仕事・人について
  • プロジェクト
  • 採用について
  • ENTRY
    MYPAGE

JOB&MEMBER ワークライフバランス支援制度 JOB&MEMBER ワークライフバランス支援制度

社員一人ひとりが活き活きと働き続け、仕事と家庭の両方の充実が図れるよう、日本旅行ではさまざまな制度をご用意しています。
結婚、出産、育児などのライフイベントを経ても安心して働ける環境づくりや、仕事と家庭の役割責任を果たしながら、双方の充実を目指して「自分」らしく働く社員を、強力にサポートしています。

日本旅行は「えるぼし」「くるみん」マーク取得企業です。

「えるぼし」「くるみん」マークとは、女性の活躍と少子化の改善を推進する厚生労働省が、「女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業」と「子育て支援に積極的な企業・団体」を認定・交付しているマークのことです。
日本旅行は、女性の職業生活における活躍を推進する行動計画が評価され、認定基準の5つの評価項目のうち、4つの基準をクリアし、3段階の認定レベルの「2段階目」の認定を受け、2016年9月に、「えるぼし」マークを取得しました。
また、女性はもちろん、男性の育児休暇取得や、小学校3年生修了まで期間を延長させた育児短時間勤務制度など、行動計画に基づいた2年間に渡る活動実績と取り組みが評価され、2009年5月に、「くるみん」マークを取得しました。
今後も社員一人ひとりの「働きがい」の向上とワークライフバランスの実現を、会社全体で進めていきます。

ワークライフバランスを支援する主な制度

  • 産前

    マタニティー休暇 検診等による通院の必要のあるときや就業が難しい場合、10日を限度に有給休暇を取得できる。

  • 出産

    分娩休暇 産前6週(多胎妊娠は14週間)、産後8週間の有給休暇が取得できる。

  • 産後

    育児休職 1年6か月。男女とも取得可能。保育所に入所できない等の事情がある場合は子どもが満2歳になるまで延長可能。 短縮時間勤務 子どもが小学校3学年末まで、30分を単位として、1日3時間以内の短縮時間勤務ができる。
    1歳に満たない子がいる女性社員は別途30分ずつ2回の育児時間を取得可能。
    ベビーシッター 育児支援割引券交付(共済会) 割引券利用で、ベビーシッター事業者のサービス1回について2,200円の割引適用。

制度を利用して
ワークライフバランスを
実現する社員の声

短縮勤務制度と
周りのサポートのおかげで、
快適な子育てと仕事の両立が実現できた。

M.N. 業務課(海外団体進行管理・個人旅行手配)
岐阜支店
1997年入社 経済学部卒

利用制度: 分娩休暇/育児休職/短縮時間勤務

第一子出産復帰後は、初めての子育てと、時短勤務の両立に、「頑張らなくては!」と必要以上に肩肘を張っていました。それで、環境に順応できず苦しい時期もありましたが、そんなときに、上司から「今は家族が一番大切な時期。仕事での無理は禁物。頑張って欲しいときはちゃんと伝えるから、ムリをしないように」と温かい言葉をかけてもらって、気持ちが楽になったのを覚えています。それからは、仕事中も家族との時間も笑顔いっぱいで過ごせるようになりました。
短縮時間勤務制度は、小学校就学前までの子どもを育てる社員が取得できる企業が多い中、日本旅行では小学3年生修了まで取得が可能。子どもの成長に少しでも多くの時間に関わることができる・・・母親にとっては何よりもうれしいことです。合わせて、子育てしながら働き続けることができているのは職場の上司や同僚のおかげでもあります。今、働けていることに感謝しながら、次の世代につながっていけるように頑張りたいと思っています。

結婚・出産を経て、
さらに営業が楽しくなった。
自分のような後輩を
もっと増やせるように頑張りたい。

T.T. 営業
関西企画旅行支店
2007年入社 文学部卒

利用制度: 分娩休暇/育児休職/短縮時間勤務

復職後は、短縮時間勤務制度を活用しながら、自身のクライアントをもって営業を行っています。私のように、営業をしている女性はまだ少ないですが、営業職以外なら復職している女性社員がほとんどなので、会社としても子育てと両立しながら働ける環境を作っていこうと力を入れているのを感じています。私がこのように営業活動ができるのは、夫と家族の支えが大きいですね。また仕事においては、私が育児中だと知っていて、遅い時間のアポイントを避けるように気遣ってくださるお客様もいて、助けていただくこともよくあります。今では、いろんなお客様とお話させていただくことが本当に楽しいです。「旅行の営業は“人間力”が問われる仕事だよ」とお客様に言われたことがあります。結婚・出産を経て、お客様との会話の幅も広がったと思います。今後は、たくさんの女性社員が営業として復帰し、活躍できるような体制をさらに充実してもらえるように会社にもアピールをしていきたいと思っています。

JOB&MEMBER CONTENTS