• 採用メッセージ
  • 日本旅行について
  • 事業について
  • 仕事・人について
  • プロジェクト
  • 採用について
  • ENTRY
    MYPAGE

RECRUIT よくあるご質問 RECRUIT よくあるご質問

応募に関すること

応募資格は?

国内外の4年制大学・大学院を、2011年4月から2019年3月までに、卒業又は卒業見込みの方を対象といたします。新卒、既卒、学部は問いません。
詳しくは募集要項をご覧ください。

応募するにはどうすればいいの?

18年3月オープン予定のマイナビ2019・リクナビ2019でエントリーして下さい。

選考に関すること

どのような人材を求めていますか?

当社の企業ビジョンである「感動と満足を創出する、活力ある企業グループ」を実現するために、様々な個性を持った方を求めています。
詳しくは募集要項をご覧ください。

筆記試験は実施するのですか?

筆記試験は実施いたしません。日本旅行は皆さんの学問的な知識や地理の知識よりも、みなさんの「人物そのもの」に興味があります。
私たちは、みなさんの知識や思考力を『筆記試験』という形で問うことが、必ずしも適切であるとは考えておりません。エントリーシートや面接を通じてみなさんの「人物そのもの」を、お見せいただきたいと考えております。

英語はできないとだめですか?

英語の能力や英語検定の結果だけで、選考が左右されることはありません。
英語力や検定結果そのものが選考で有利・不利となる訳ではありませんが、英語の勉強を通じて得たことはみなさん自身をアピールするひとつの側面であることは確かだと思います。
入社後実際に仕事をする上では、添乗などで海外に出かける機会も多く、また現地(海外旅行先)から送られてくるファックスなどの多くは英語で書かれていますので、やはり英語力は必要となります。

海外勤務を希望しているのですが、入社直後から配属されることはありますか?

海外支店に、新入社員が配属されることはほとんどありません。
日本旅行には海外支店が多数あり、そこでも多くの社員が勤務しています。
海外駐在員として海外赴任する者の多くは、「社内公募制度」によります。毎回、多くの社員がチャレンジする「人気の」職種とも言えます。

学部・学科により有利・不利はありますか?

学部・学科による有利・不利はありません。
どんな学部・学科を卒業(予定)するかということより、その学部・学科でどのようなことに取り組み、どのようなことを学んだかということが大事だと、私たちは考えます。

入社後に関すること

配属先はどのように決定されるのですか?

選考時の希望や入社前面談時の希望を踏まえ、「本人の適性」や「組織のニーズ」を勘案して決定します。
希望業務や希望勤務地については、選考面接を通じてお伺いすることはもちろん、内定後に提出いただく申告書等で確認したり、入社後の新人研修時の様々な場面において、希望やキャリアプランをお聞きします。その上で、本人の適性や業務上のニーズ等を会社が総合的に勘案して、配属先を決定します。

店頭営業にのみ興味があるのですが?

当社は職種別採用を実施しておりませんので、必ず店頭部門に配属になる訳ではありません。

添乗業務を担当したいのですが?

当社には専ら添乗業務だけを行う社員はおりません。ただし、法人営業を担当し、自分が担当するお客様(団体)のご旅行に添乗員として同行するケースは多くあります。
営業担当者として、自分が担当するお客様(団体)に添乗員として同行し、旅程の管理を通じてお客様のケアを行い、次回の受注につなげるといった努力を行うことは通常よくあるケースです。
しかしながら、主催旅行(パンフレットでの募集ツアーなど)については、ほとんどのケースで派遣会社から派遣される専任添乗員が添乗を行っております。なお、添乗員の派遣会社として、日本旅行グループにはジャッツ、ジャッツ関西などの会社があります。

女性の出産・育児をサポートする制度はどのようなものがありますか?

法定を上回る多くの制度により、女性の就業をサポートしています。
<出産・育児に関する制度>
マタニティ休暇:検診等による通院の必要のあるとき、10日を限度に有給休暇を取得できる。
   分娩休暇:産前6週(多胎妊娠は14週間)、産後8週間の有給休暇が取得できる。
   育児休職:1年6か月。男女とも取得可能。無給ですが、共済会よりは以下の給付があります。

雇用保険の育児休業給付と合わせると、基本賃金の約80%は補償されます。
 休業開始から6か月:基本賃金の13%
 7か月目から18か月:基本賃金の30%

その他、「短時間勤務制度」「育児時間制度」などあり。 2009年5月に次世代育成支援対策推進法に基づく基準適合一般事業主の認定(「くるみんマーク」の取得)を受けました。
詳しくはワークライフバランス支援制度をご覧ください。

寮・社宅はありますか?

転居を伴う異動の場合、社有社宅(全国に5箇所)若しくは借上社宅(一般賃借物件を社宅とするもの)を利用できる場合があります。

教育制度はどのようなものがありますか?

当社にとって最も重要な経営資源は「社員」です。その社員を教育することは、最も大事なテーマのひとつです。「自ら考え自ら行動する自立変革型社員の育成」と「専門性を持った市場価値の高い社員の育成」という2つをポイントに、数多くの研修プログラムを実施しています。
「新入社員研修」「階層別研修(新任課長研修、新任管理職研修など)」「実務研修(観光地研修、端末操作研修、経理研修、ソリューション営業研修、顧客心理研修、海外ウエディング研修など)」「オープンセミナー(ジャンルは主に、マネジメント分野・営業分野・ビジネススキル分野に大別され、個々の現状に応じたジャンルを選択することが可能です。人気のタイムマネジメント系、モチベーション系、営業実践系、計数系に加え、近年企業でも重要視されているメンタルヘルスの講座など、年間18コース)」「通信教育(語学スキル・各種資格取得講座・パソコンスキルなどの自己啓発講座を中心に全200講座を設定)

評価制度はどのようなものですか?

2012年4月より、「社員の成長」と「成果の創出」を企図した人事制度に変わりました。
社員の生み出した成果を正当に評価すると同時にその成果に向けた「プロセス」をより重視し、取組から結果までをトータル評価することで”正しいプロセスに裏打ちされた成果」を追求していく考え方を基本として設計されています。

転勤はありますか?

選考時に「全国社員コース(転居を伴う全国への異動がある)」又は「エリア社員コース(エリア内で転居を伴う異動がある)」を選択された条件内で転勤をするケースがございます。
また、希望職種や希望勤務地を会社に申告する制度として「自己申告書制度」があり、全社員が毎年作成しています。

自分の希望で、仕事内容を変更することはできますか?

「社内公募制度」という制度があります。
当社では、自分のキャリアビジョンを自ら描き、それに向かってアクションをおこしていく社内公募制度を実施しています。あらかじめ社内各部署が募集するポストや職務内容を社内イントラに掲載し、それに全国各地から社員が応募する形式を採ります。毎年多くの社員が挑戦し、試験と面接をパスして自分の希望する職種に異動しています。

RECRUIT CONTENTS